卓球ラバーの厚さとフォームの関係

みなさまは今どの様なラバーを使っていますか?

数多くあるラバー中から自分にあったラバーを見つけるのはとても難しいことです。

私も指導をしていて、「どの様な基準でラバーを選んでいますか?」と聞くと

「今までずっとこれを使っているから」「勧められたから、これを使っていると」いうような答えが返ってきます。

しかし、ラバーの特性を把握して、自分のプレースタイルに合わせてラバーを選ぶことは

ボールの軌道や回転のコントロールのしやすさを自分好みにカスタマイズすることにつながります。


今回は自分にあったフォームを確立するためにおすすめな、裏ソフトラバーの厚さをご紹介いたします。

自分のフォームの確立に集中したい方におすすめのラバーの厚さはずばり「特厚」です。


特厚というと、トップ選手、とても強い選手しか使えないようなイメージがあるのではないでしょうか?なぜそう思うかというと、特厚はボールのコントロールが難しいと言われているからです。


薄いスポンジのラバーを使うことで、ラバー自体力がない為、自分で力を出す練習ができると言われています。しかし、考え方によっては全く反対のことを言えるのです。

自分のフォーム確立されていない中で、相手のところまでボールを飛ばさなくてはいけません。その時にはスイングも考えないといけないし、ボールを飛ばすことも考えないといけない為、負担が大きくなってしまいます。


そこで、反発力のある厚めのラバーを使うことで力をいれずに相手のところまでボールを届かせることができます。

これによって、スイング作りに専念できますし、相手のコートにボールを届かせようとして変な所で力を入れる癖がつく心配もなくなります。


ただ厚めのラバーを使う際に気をつけて欲しいことが一点だけあります。それは「重さ」です。重くて振れない、重さのせいで手が痛くなるという方も実際にいらっしゃいますので、ご自分で試打をして確かめてみてください。


まとめ

自分のフォームを確立させたい方がにおすすめのラバーの厚さは「特厚」

理由として

ボールが弾むので、自分のスイング作りに集中できる

力を抜いた状態でプレーする癖がつく

ただし懸念点として

重さのせいでラケットがうまく振れない、手首が痛くなることがある


いかがだったでしょうか?この記事が少しでもみなさまのラバー選びのお役に立てればと思います。

20回の閲覧