卓球初心者におすすめのラバーは「薄」じゃない?!初心者のラバー選びで大事なこと。

最終更新: 4月13日


理想のプレースタイルに近づくために最適な道具選び

みなさまは今どの様なラバーを使っていますか?

数多くあるラバー中から自分にあったラバーを見つけるのはとても難しいことです。

私も指導をしていて、「どの様な基準でラバーを選んでいますか?」と聞くと

「今までずっとこれを使っているから」「勧められたから、これを使っていると」いうような答えが返ってきます。

しかし、ラバーの特性を把握して、自分のプレースタイルに合わせてラバーを選ぶことは

ボールの軌道や回転のコントロールのしやすさを自分好みにカスタマイズすることにつながります。

今回は自分にあった正しいフォームを確立するためにおすすめな、裏ソフトラバーの厚さをご紹介いたします。


正しいフォームを身につけたい初心者には「特厚」がピッタリ!

実は初心者におすすめのラバーの厚さは「特厚」なんです。


特厚というと、トップ選手、とても強い選手しか使えないようなイメージがあるのではないでしょうか?なぜそう思うかというと、特厚はボールが弾みやすいので、ドライブやフォア打ちがしやすい分、レシーブが難しいと言われているからです。

逆に薄いスポンジのラバーをおすすめする理由は、弾まないため、台上での細かなボールコントロールがしやすくなります。


ただ、初心者にとってドライブやフォア打ちといった基礎技術と、台上プレーのような応用技術だと、どちらがよく使われるでしょうか?答えは「基礎技術」ですよね


初心者の方はとにかくこれらの基礎技術を正しく身につけることが大事になってきます。

まだ、自分のフォーム確立されていない中で、飛距離が短い薄いラバーを使用するとその時にはスイングも考えないといけないし、ボールを飛ばすことも考えないといけない為、負担が大きくなってしまいます。ここで、ボールを相手のコートに届かせるために無理に力を入れてしまうと、正しいフォームを身につけられなくなる危険性があります。


そこで、反発力のある厚めのラバーを使うことで力をいれずに相手のところまでボールを届かせることができます。

これによって、スイング作りに専念できますし、相手のコートにボールを届かせようとして変な所で力を入れる癖がつく心配もなくなります。


ただ厚めのラバーを使う際に気をつけて欲しいことが一点だけあります。それは「重さ」です。重くて振れない、重さのせいで手が痛くなるという方も実際にいらっしゃいますので、ご自分で試打をして確かめてみてください。


自分に合わせた用具選びの大切さ

今回は初心者の方に最適なラバーの厚さを紹介しました。

今や卓球のラバーは数多く販売されています。ラバーの厚さによって、「弾みやすい」「弾みにくい」というような大まかな機能の違いに加えて、ラバーそれぞれが独自の特徴を兼ね備えています。ネットに公開されている情報や他の方からのおすすめはあくまでも、その方が試打してみて感じたことで、それが必ずしもあなたに当てはまるとは限りません。

やはり最終的には試打をしてしっくり来るものを選択するのが、自分の成長を最大限に加速してくれる用具選びにおいて大切です。


今ご覧いただいたように、一人一人のレベルやスタイルによって選ぶ用具が変わってきます。

それと同様に、抱えている課題、得意な戦術も異なります。

アプリコットオンライン卓球では、みなさま一人一人の課題やスタイルに合わせてレッスンを提供しております。


無料カウンセリング よりご連絡いただければ、現在抱えているお悩みに関して

無料のオンラインミーティングを実施いたします。


もしアプリコットのレッスンに関してより詳しく知りたい場合は

以下の画像をクリックしていただければ、レッスン詳細をご覧いただけます。


タグ:

Group 34 (1).png
icons8-finger_and_thumb_filled 2.png